×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナザール 副作用

点鼻薬に副作用があることは知っていましたか?

鼻が詰まったとき、何気なく点鼻薬を使っていませんか?実は、点鼻薬には色々な副作用があるんです。
それを知らずに使い続けると、慢性的な鼻づまりになったり、鼻が様々な不調を起こしたりします。

 

花粉症の時期だけ使うというように期間を決めて服用するのであれば問題ありませんが、毎日のように長期間使い続けている場合は注意が必要です。

 

点鼻薬の副作用とは?

使いすぎると肥厚性鼻炎になる
鼻の粘膜がちょっとした事で炎症するようになる
鼻水の質が変化したり、鼻血が出やすくなる

この他にも、眠くなったり口の中が乾いたりすることもあります。

 

点鼻薬のせいで慢性鼻炎になることもある

点鼻薬を使用し続けると、鼻の粘膜がだんだん厚くなっていきます。そうなれば当然、鼻の穴も少しずつ塞がっていき、鼻づまりが起こるようになります。

この状態を肥厚性鼻炎といい、慢性鼻炎の一つに分類されます。

 

普通、慢性鼻炎といえばアレルギー性鼻炎や蓄膿症を思い浮かべると思いますが、実は薬を使ったせいで慢性鼻炎になってしまうこともあるんですね。
しかもこの鼻炎、薬の服用では治りにくく、手術が必要になるケースが多いので注意が必要です。

 

点鼻薬に含まれる血管収縮剤が原因

肥厚性鼻炎になる原因は、点鼻薬に含まれる血管収縮剤です。

 

点鼻薬の即効性は、この血管収縮剤のおかげなのですが、その代償に使いすぎると鼻粘膜の働きが異常になり、常に炎症したり、鼻血が出やすくなったりします。
ですから、鼻づまりを解消する場合には、できるだけ薬を使わず別の方法で治していくのが望ましいんです。

 

薬を使わず鼻づまりを治すにはどうすればいいの?

薬を使わずに鼻づまりを治す方法はいくつかあるのですが、どれも瞬間的なものですぐに効果がなくなってしまいます。
ツボを押したり、鼻を暖めたりするのはその場しのぎであって、長時間持続しません。

 

そこで私がおすすめするのは「えぞ式すーすー茶」です。

 

公式サイトはこちら↓

 

えぞ式すーすー茶は、鼻づまりに効果があるとされる漢方の甜茶がベースとなったお茶です。鼻炎の人のために作られたお茶ですから、鼻づまりに悩む人に最適です。

 

点鼻薬のように即効性はありませんが、副作用がなく肥厚性鼻炎になる心配もありません。大体30分前後で効果が現れるようなので、出かける前に飲んだり、普段から水筒などで持ち歩くようにすると良いかもしれません。

 

えぞ式すーすー茶の詳細をみる

ナザールスプレーだけに限らず、市販の点鼻薬には血管収縮剤が含まれています。点鼻薬を鼻に噴射すると鼻が通るのは血管収縮剤のおかげなのですが、これを使い続けると鼻の神経が麻痺したり、自律神経が狂って、鼻の粘膜が腫れやすくなったり、充血しやすくなるんだそうです。
点鼻薬のパッケージには、1日数回まで、2週間以内に使用をやめてくださいというように注意書きがあります。これも上で書いたように、使い続けると鼻にとって毒となってしまうからです。
点鼻薬は1度使うとその快適さが忘れられなくなり、癖になってしまいがちですが、ある程度の日数が経ったら頑張ってやめるしかありません。